FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、ダマトリッパ(泡立て器)が石けん作りにイイの?

それはズバリ!

耐熱樹脂製であること。
泡立て部分がパンチングメッシュになっていること。

この二点につきると思います。

1_20120601204332.jpg


第一の利点として、耐熱樹脂であるため、苛性ソーダによる、
腐食や変質、酸化の心配がない。
ということがあげられます。

一般的な泡立て器は、ステンレス製のものが多いかと思いますが、
ステンレスは元々、鉄に、クロムやニッケルなどを含有させて、
さびにくくするためにできた、合金なんですね。

苛性ソーダは、アルミニウムや、銅や、鉄などを、
腐食や変質、劣化させてしまうとのことですので、
これらの金属類が溶けだしてきてしまい、
結果的に酸化しやすい石鹸ができてしまうそうなのです。


第二の利点として、泡立て部分がパンチングメッシュであるため、
しっかりとした撹拌(かき混ぜ)ができる
ということです。
(かき混ぜながら、同時に、こし器の役割もします。)

油脂と苛性ソーダを混ぜこんだ、最初の20分に手を休めずに撹拌しなければ
ならないと言われる理由
は、油脂と苛性ソーダをしっかり混ぜることで、
石けんのタネ(生地)をムラなく、鹸化させていくためなんですね。

しっかりとした撹拌(かき混ぜ)ができれば、細かくムラのない、
分子と分子がキレイに整列した、よりよい石鹸生地になると思います。
生地にムラがあると、油分だけが浮いてきて分離してしまったり、
ソーダ灰が出る原因になったり、溶け崩れしやすい石鹸ができあがってしまったりする…
というわけなんですね。

2_20120601204648.jpg

石鹸作りって、やってみて初めて、わかるのですが、
本当に、手間をかけ、時間をかけ…で大変なんですよね。

長い熟成期間を経て、良い石けんになりますように…と、
愛情がい~っぱいつまった、石けんができあがるのを、
待ちわびる気持ち(まるで恋 )は、どのソーパー様も同じだと思います。


石けん作りを始めてから、最高の石けんが作りたいっ!!
と鼻息荒く石けんに対する欲望におさまりがきかない今日この頃です

3_20120601204814.jpg

そして「ダマトリッパ」が、
ほんのちょっとでも皆さまのお手伝いをさせていただけたら…
ほんのちょっとでも皆さまのお役に立てたら…

そんな気持ちで毎日を送っています
いつもどうもありがとうございます



よろしければ、こちらもご覧ください。

ダマトリッパで手づくり石けん




最後まで読んでくださり、どうもありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング
よろしくお願いします☆
にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ

プロフィール

アンジョベリー

Author:アンジョベリー
アンジョベリーのブログへお越しくださり、どうもありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。